みらかグループについて

滅菌関連事業

滅菌関連事業では、日本ステリがメディカルパートナーとして、医療現場を支援する多彩なサービスを提供することにより病院の経営効率を高めていきます。

院内・院外医療器材滅菌サービス~中材部門の器材最適化とさらなる安心・安全の体制構築
院内・院外医療器材滅菌サービス

院内滅菌では、当社スタッフが病院内の中央滅菌材料(中材)部門に常駐し、さまざまな受託業務を履行しています。常に最新の手法を取り入れることで、病院の実情に添った最適な業務体制の構築を支援しています。また、中材部門が担う医療器材の管理を総合的に支援することにより、各種器材の運用における安全性の向上と作業工程の効率化を図るとともに、看護師の皆さんには看護業務に専念していただくなど、器材と人財の有効活用を可能にしています。

一方、中材部門のスペース確保や設備機器・器材導入の多大な投資が難しいなど、病院の経営環境も厳しさを増しています。当社は、全国8拠点に「滅菌センター」を設置し、病院の規模や状況に応じた院外滅菌サービスも提供しています。また、学校など検診器材の滅菌・配送サービスも行っています。

全国8拠点 滅菌センター

日の出センター(東京都西多摩郡)・東京センター(東京都足立区)・大和センター(神奈川県大和市)・香取センター(千葉県成田市)・名古屋センター(愛知県小牧市)・静岡センター(静岡県榛原郡)・大阪センター(大阪府大阪市)・久留米センター(福岡県久留米市)

手術業務支援サービス~手術室における業務効率改善の提案と総合支援
手術業務支援サービス

当社は、術前準備から、麻酔科関連業務、術中臨時対応、術間・術後清掃に至るまでの一貫した支援サービスを行っています。また、病院のニーズに応じて、器械展開のサービスも提供しています。

当社の支援サービスは、術間の時間短縮を可能にし、手術室の稼働率改善に貢献しています。また、看護師の皆さんが看護業務に専念していただけるよう、周辺業務を包括的に支援しています。

手術業務支援導入イメージ

手術業務支援導入イメージ

内視鏡室支援サービス~内視鏡室の稼働率アップに貢献
内視鏡室支援サービス~内視鏡室の稼働率アップに貢献

近年、医療機器の進歩はめざましく、内視鏡を用いたさまざまな先端医療が可能になったことから、内視鏡検査・治療も増加の一途をたどっています。当社の支援サービスは、内視鏡スコープの洗浄・消毒だけに留まらず、検査・治療前の準備や、片づけ、清掃、物品補充と、幅広いサービスを提供しているのが特徴です。その結果、内視鏡室の稼働率改善に貢献しています。

SPD業務~物流管理システムを使用した在庫の低減を実現
SPD業務~物流管理システムを使用した在庫の低減を実現

医療材料を中心に各種ディスポーザブル(使い捨て)製品の品目数は近年さらに増加しており、中央化による管理の徹底やコストの削減が求められています。このような状況を改善するため、当社のスタッフが適正在庫の設定、購入消費実績の把握を行い、在庫の低減を実現すべく支援しています。

環境管理・測定業務~清潔区域・隔離区域の院内感染を防止

感染対策上、重要なエリアとなる手術室・ICU・NICUなどの清潔区域・隔離区域の環境を整備するため、当社は、リークテストや差圧測定などの各種環境測定サービスを提供し、院内感染の防止に貢献しています。また、定期ワックス清掃やHEPAフィルターの交換、高所や壁面の特殊清掃など、病院の状況に応じた幅広いサービスも提供しています。

ME機器管理業務~専門の技術スタッフによるきめ細かい機器管理を実施

ME機器は、機器の構造や使用方法が高度化・複雑化しており、運用およびメンテナンスが重要かつ難しい業務となっています。臨床工学技士の有資格者を中心としたスタッフが安全な機器提供を支援すべく、貸出し業務や日常点検・定期性能点検などの保守点検業務から履歴管理など、一元管理を実施しています。